ここのところ忙しく、それと九州の豪雨に戦々恐々としています。あきこですこんばんは。


さて、今どきはほとんどのプロバイダが、ダイアルアップ接続コースをやめたり、さらにはフレッツ光向けプランを「コラボ」「ドコモ光」のみ、つまりセット販売のみにしているところさえあります。

ところが「ぷらら」には未だに、完全従量制のダイアルアップコースがあります。
しかも、メールアドレスが1つ付いてきます。
とっても旧態依然のプランでびっくりしますが、無料のプロバイダメールアドレスです。
決済方法を登録しないといけませんが、カードだとオンラインサインアップ、口座振替は文書で依頼ということになるはずです。

ちなみに、無料のプロバイダメールアドレスというと、BIGLOBE(以前はNEC系、現在KDDI系)もあります。
ただ、ぷららと異なり、BIGLOBEはクレジットカードのみ。デビットカード不可です。(いかにもau・UQなKDDIらしいと思います。)


ともかく、ぷららのただメールなんですが、
このただメールの場合だけは、保存期間あり。
ウェブメールならよいのですが、外部からPOP接続してメールをダウンロードしようと思うと暗号化なしのうえにAPOPなし。
外部接続をせずにウェブメールのみならば平文問題は解決されるのでしょうけれど、外部接続を禁止する設定がたぶんないので。
いまどき、すごいですね。

それが有料コースだと、ちゃんとしています。

セキュリティを犠牲にしてタダにするなんて本末転倒で、
事件が起こったときの自社の影響を想像すれば、やらない選択なのですが……

この、ぷららの基本料金無料プランはいまは、
なんらかの理由で有料コースをやめる必要が出たときにも、会員登録と本メールアドレスを無料で残しておくためのプランとして、未だに残してあるみたいです。
(じゃあいっそのこと、外部接続なしにしてウェブメールのみにすればいいのに……)


Gmailなどは個人情報やプライバシー情報を利用される替わりに無料で、
しかもヤフーメールなんか広告をがんがんねじ込んできますが、
セキュリティ面では大手のフリーメールのほうがよいみたいですね。

ウェブメールオンリーで使えればよいのなら、TutanotaProtonMailがセキュアです。
いまどきは携帯端末の「アプリ」を使う人が多くなりましたから、その点でもこれらのほうがよいです。

ぷららのただメールは、ISPメールなのが利点なだけでしょうから。