くらくらノート - note.climatecrisis.jp

気候危機のウェブサイト くらくら - ClimateCrisis.JP の制作日記

ぷららライトの無料メールはセキュリティ皆無です😨

ここのところ忙しく、それと九州の豪雨に戦々恐々としています。あきこですこんばんは。


さて、今どきはほとんどのプロバイダが、ダイアルアップ接続コースをやめたり、さらにはフレッツ光向けプランを「コラボ」「ドコモ光」のみ、つまりセット販売のみにしているところさえあります。

ところが「ぷらら」には未だに、完全従量制のダイアルアップコースがあります。
しかも、メールアドレスが1つ付いてきます。
とっても旧態依然のプランでびっくりしますが、無料のプロバイダメールアドレスです。
決済方法を登録しないといけませんが、カードだとオンラインサインアップ、口座振替は文書で依頼ということになるはずです。

ちなみに、無料のプロバイダメールアドレスというと、BIGLOBE(以前はNEC系、現在KDDI系)もあります。
ただ、ぷららと異なり、BIGLOBEはクレジットカードのみ。デビットカード不可です。(いかにもau・UQなKDDIらしいと思います。)


ともかく、ぷららのただメールなんですが、
このただメールの場合だけは、保存期間あり。
ウェブメールならよいのですが、外部からPOP接続してメールをダウンロードしようと思うと暗号化なしのうえにAPOPなし。
外部接続をせずにウェブメールのみならば平文問題は解決されるのでしょうけれど、外部接続を禁止する設定がたぶんないので。
いまどき、すごいですね。

それが有料コースだと、ちゃんとしています。

セキュリティを犠牲にしてタダにするなんて本末転倒で、
事件が起こったときの自社の影響を想像すれば、やらない選択なのですが……

この、ぷららの基本料金無料プランはいまは、
なんらかの理由で有料コースをやめる必要が出たときにも、会員登録と本メールアドレスを無料で残しておくためのプランとして、未だに残してあるみたいです。
(じゃあいっそのこと、外部接続なしにしてウェブメールのみにすればいいのに……)


Gmailなどは個人情報やプライバシー情報を利用される替わりに無料で、
しかもヤフーメールなんか広告をがんがんねじ込んできますが、
セキュリティ面では大手のフリーメールのほうがよいみたいですね。

ウェブメールオンリーで使えればよいのなら、TutanotaProtonMailがセキュアです。
いまどきは携帯端末の「アプリ」を使う人が多くなりましたから、その点でもこれらのほうがよいです。

ぷららのただメールは、ISPメールなのが利点なだけでしょうから。

仮想通貨が通貨として失敗している理由

「くらくら」はまだ始まったばかりで、費用もまだ少額です(月換算で1000円くらい)。
ただ、活動を大きくしたいのであればやっぱり、費用をかける必要があるようにも考えています。

例えば、ちゃんとした「軽さ」のフォーラムやコミュニティサイトをつくるとしたら、サーバの費用はもう少しかかります。
外部のサービスに頼るとタダですむかもしれませんが、利用には登録が必要でプライバシー情報はその企業に渡すことになるので、万人向けではないと思います。
例えば、mixi や Facebook がそうでしょう。Facebook なんか、実名制なので、実名をさらすことになってしまいます。実名さらせる人は日本では限られているはずです(それは、人気がないはずです)。

例えば、宣伝を本気でしたければ、広告費がかかります。


ここから本題ですが、

寄付を受け付けるのによい方法を考えているのですが、送る側も受取る側も個人情報が秘匿される手段はかぎられるように思います。

いわゆる「仮想通貨」「暗号資産」(デジタルコイン)も考えてみたのですが、
寄付を受け取るには非現実的なように思います。(とりわけ日本では。)

デジタルコインは、通貨としては失敗しています。


続きを読む

「にほんブログ村」のブログリーダー実装とフォロー機能


利用するにはもちろん「にほんブログ村」に登録する必要があるはずなので、ブログ執筆者用の(ブロガー用の)機能でしょう。

にほんブログ村はすでにブログをお持ちの方が集まり登録するサービスです。
( にほんブログ村サポート ブログを持っていないので始めたいのですが? )

同時に、フォローのしくみが変更されています。プライバシー漏れ注意です。

いままでは複数のブログを登録しても(アカウント統合をしても)、同じメールアドレス&パスワードでログイン可能になる便利機能なだけでした。フォローは各ブログで別々に行っていました。

ところが、フォロー相手の情報も統合されるようになってしまいました。いわば「名寄せ」がされてしまいました。
そのため、「私のこのブログで、あのブログをフォローしたい!」ということが不可能になり、
フォロー相手には、アカウント統合されたかたちでフォロワーとして表示されてしまうはずです。

これを防ぐなら、新規で利用するならブログごとにアカウントを別々にしたほうがよいと考えられます。
既に登録済でアカウント統合済の場合が最悪で、アカウントの分割機能はないので、「身バレ」しています。
なにこれ、やめて、それいらない……

前述のとおり、ブログリーダー機能だけを目的に「にほんブログ村」に登録することは不可能なはずですから、
既存の自分のブログが「身バレ」しないように利用するには、ダミーのブログをmuragonででもいいからつくることになるかと思われます。

反対に、「私のブログをすべて宣伝したい」という目的だとよいのですが、特定のブログだけ宣伝したいのであればアカウント統合はしない必要があると思われます。

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ