くらくらノート - note.climatecrisis.jp

気候危機のウェブサイト くらくら - ClimateCrisis.JP の制作日記

2019年06月

仮想通貨が通貨として失敗している理由

「くらくら」はまだ始まったばかりで、費用もまだ少額です(月換算で1000円くらい)。
ただ、活動を大きくしたいのであればやっぱり、費用をかける必要があるようにも考えています。

例えば、ちゃんとした「軽さ」のフォーラムやコミュニティサイトをつくるとしたら、サーバの費用はもう少しかかります。
外部のサービスに頼るとタダですむかもしれませんが、利用には登録が必要でプライバシー情報はその企業に渡すことになるので、万人向けではないと思います。
例えば、mixi や Facebook がそうでしょう。Facebook なんか、実名制なので、実名をさらすことになってしまいます。実名さらせる人は日本では限られているはずです(それは、人気がないはずです)。

例えば、宣伝を本気でしたければ、広告費がかかります。


ここから本題ですが、

寄付を受け付けるのによい方法を考えているのですが、送る側も受取る側も個人情報が秘匿される手段はかぎられるように思います。

いわゆる「仮想通貨」「暗号資産」(デジタルコイン)も考えてみたのですが、
寄付を受け取るには非現実的なように思います。(とりわけ日本では。)

デジタルコインは、通貨としては失敗しています。


続きを読む

「にほんブログ村」のブログリーダー実装とフォロー機能


利用するにはもちろん「にほんブログ村」に登録する必要があるはずなので、ブログ執筆者用の(ブロガー用の)機能でしょう。

にほんブログ村はすでにブログをお持ちの方が集まり登録するサービスです。
( にほんブログ村サポート ブログを持っていないので始めたいのですが? )

同時に、フォローのしくみが変更されています。プライバシー漏れ注意です。

いままでは複数のブログを登録しても(アカウント統合をしても)、同じメールアドレス&パスワードでログイン可能になる便利機能なだけでした。フォローは各ブログで別々に行っていました。

ところが、フォロー相手の情報も統合されるようになってしまいました。いわば「名寄せ」がされてしまいました。
そのため、「私のこのブログで、あのブログをフォローしたい!」ということが不可能になり、
フォロー相手には、アカウント統合されたかたちでフォロワーとして表示されてしまうはずです。

これを防ぐなら、新規で利用するならブログごとにアカウントを別々にしたほうがよいと考えられます。
既に登録済でアカウント統合済の場合が最悪で、アカウントの分割機能はないので、「身バレ」しています。
なにこれ、やめて、それいらない……

前述のとおり、ブログリーダー機能だけを目的に「にほんブログ村」に登録することは不可能なはずですから、
既存の自分のブログが「身バレ」しないように利用するには、ダミーのブログをmuragonででもいいからつくることになるかと思われます。

反対に、「私のブログをすべて宣伝したい」という目的だとよいのですが、特定のブログだけ宣伝したいのであればアカウント統合はしない必要があると思われます。

#ツイッターはじめました

くらくら の Twitter のアカウントを登録しました。



にほんブログ村に登録していますが……

にほんブログ村」ですが、登録してpingを送っても、未だに記事情報が更新されていません。

リニューアルしてから記事情報がまともに更新されないことが多発しているようです。
うちだけではなく、登録されているほかのブログも、記事情報が反映されていなかったり、「記事情報を取得するまでお待ちください」とかなっています。

OGP を設定してくださいとかいうことも書いてあるのですが、設定してもダメです。
何日かかるのか、永遠にダメなのか……

ほかの多くのブログも更新されていないので、更新されるにしても順番待ちなのだと思います。


6月28日 追加

6月28日現在、両ブログとも記事が取得されました。


検索エンジンにウェブサイトを登録する

新規に構築したウェブサイトのアクセス数を増やすには、
検索エンジンの検索結果からの訪問者を獲得するのがセオリーです。
そうすると、主要な検索エンジンにウェブサイトが登録される必要があります。


検索エンジンの三大は
  • Google
  • Bing
  • Yandex
です。あえてそれに加えるならば、フランスの Qwant です。

Bing は、マイクロソフトがやっている検索エンジンです。
Edge ブラウザではデフォルトに設定されているはずです。
それ以外のブラウザでも、利用する検索エンジンのリストのなかに入っていることが多いでしょう。
収益で木を植える ドイツの Ecosia も、Bing の検索データベースを利用しています。

Yandex は、ロシアにある検索エンジンです。
「日本語の日本人向けウェブサイトをロシアの検索エンジンに登録して何の意味があるの?」と思うでしょうけれど、
DuckDuckGo が利用している検索データベースは、Yandex のはずです。
DuckDuckGo は、プライバシー重視の「あなたを追跡しない検索エンジン」なので、利用する検索エンジンのリストに入っているブラウザがよくあります。
ちなみに、 Tor ブラウザでのデフォルトは DuckDuckGo です。

「Yahoo! JAPAN は?」と思うかもしれませんが、
ヤフーを含め、多くの検索エンジンのバックエンドは、上記の三大のいずれかです。
だから、独自の検索データベースをもっている検索エンジンということで先ほどは Qwant をあえて書きました。


検索エンジンに、該当する URL を送信してクロールさせる方法は昔からあります。
しかしとっくに、上記の三大検索エンジンでは、ウェブサイト管理者(ウェブマスター)向けのツールが提供されていますので、
そちらを使うのが現在のセオリーです。

ちなみに、ブログだと以前は、Ping 機能を使って更新通知をして登録させる手がありました。
しかしいまどきは、ブログ用に検索データベースを運用している検索エンジンはほとんどなくなりました。
「Google ブログ検索」もとっくに終わっています。
一般のウェブサイトと、ブログサイトとで、扱いは統合されています。

よって、ブログであろうがそうでなかろうが、
主要検索エンジンのウェブマスターツールを使うのが鉄則です。
これらウェブマスターツールにウェブサイトを登録するには、所有者認証が必要で、
  • DNSの TXT レコードを登録
  • 指定されたファイルをアップロード
  • 指定された META タグを挿入
のいずれかの方法が一般的です。

独自ドメインで運用している場合や、自分でウェブサイトを構築している場合は、問題ないでしょう。
ただ、業者のホームページ作成サービスやブログサービスなどを利用している場合は、モノによっては不可ですね。

「くらくら」ファミリーもいま、検索エンジンに登録作業中です。


にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ