くらくらノート - note.climatecrisis.jp

気候危機のウェブサイト くらくら - ClimateCrisis.JP の制作日記

日記

移動手段と二酸化炭素排出

ご無沙汰しています。そんなに元気ではないですが、生きているようです。

世間では、グレタさんが二酸化炭素を排出せず渡米するためにヨットチームまで編成して、かえって二酸化炭素を排出している批判が出ていたりするようですが。
ヨットチームまで用意する親は、子煩悩なのか、それとも娘に依存しているのだか。
本人はアスペルガーを自称までしているくらいなので、潔癖なまでに、二酸化炭素排出ゼロに固執しているのだろうと思います。

鉄道のない海を越えるとなると、移動手段が問題になります。
日本でも、沖縄県には鉄道が繋がっていません。また、島嶼部との移動でも問題になります。

ジェット機は、ケロシン(灯油の主原料)の排ガスで飛んでいるので、二酸化炭素排出の典型です。
プロペラのほうがマシだったり、さらには軽油などで走る船舶のほうがマシだとまでいわれています。

しかし、乗り合いではなくチャーターのほうがかえって、資源コストが増えます。
長距離だと、プロペラ機の定期航路があるのはまれです。
船舶も比較的に少なく、富裕層向けの大型客船などになるかもしれません。

船舶での移動は、時間がかかるのも甘受せねばなりません。
替えの利かない人物の移動だからといっても、
警備や事故リスク分散のためにチャーター機を使うのは大きな問題になりますが、
乗り合いの定期航空便を利用することは、全否定するのか、必要悪として許容せざるをえないのか、考えねばなりませんね。


簡単に言えば、
インターネット経由でリアルタイムに連絡のとれる時代ですから、
実際に行かずに済ませることがよいのだと考えられます。

グレタさんにしてもある意味で「エグゼクティブ」ですが、
グレタさんが現地に行くことにこだわっているのは、グレタさんが一種の崇拝の対象、アイドルと化してしまっているからなのだと思われます。
そしてまた、呼ぶことでマネタイズなどしようとしたりする連中がおります。そうした連中が喧伝するから話題になるわけですが、
啓発するためにそうした相互依存をすること自体も一考すべきでしょう。
(ただ、広告代理店のようにお金がすべての連中を利用するか否かで、社会啓発の規模が変わってしまうのですよね。このように世の中は「詰んで」います。)


他方で、ほとんどの人は、遠方に旅行をする経験をもたねば、見地は広まらず、教養が高まりません。
日本人は閉じこもっているから、自己中心的です。

けれども、そうした旅行にはどうしても、資源を大量に消費してしまいます。

結論は一意には出ません。

ただ、将来的には、選択肢すらなくなってしまうのでしょうね。
遠方に旅行するのは特権になるのでしょう。

Quad9のDoHが最近おかしくありませんか?

Quad9 の DNS over HTTPS のサービスですけど、近頃うまく引けなくなってきました。
同じ設定で以前は引けていたので、バグか変更かわかりませんけれど。

9.9.9.9 の非暗号やDNS over TLSは使えているようです。

Quad9の原因か、通信経路でなにかが行われているのかだと思います。
Cloudflare(1.1.1.1)やGoogle Public DNS(dns.google)は、DoHでも問題なく使えていることからすると、おそらく、Quad9のほうかなあ。


ところで、参院選は、期間中も騒音で苦しいのですけれど、結果は鬱ですね。
はい、同じ心境の人は多いと思います。

異常な大雨の最中に投票って、無効だと思いますし。
川に流された人とかいますし……(泣)

投票率を低いままにして努力しないのも、気候危機対応にやる気を出さないのと似たようなもので、全体として失敗していますよね。
全然支持されていないのに権力を握って、世の中をダメにし続けるのですから、暗澹昏倒ですね……
最低でも、投票率が低ければ無効再投票にする制度は必要でしょう。

#ツイッターはじめました

くらくら の Twitter のアカウントを登録しました。



本体サイトを WordPress に移行しました

本体サイト 「くらくら – ClimateCrisis.JP」 を、WordPress に移行して公開しました。
ついさっきまでは、HTMLファイルのいわゆる「ぺらいち」(ペラペラ一枚)の状態で仮公開していました。(それはそれで、HTMLを手書きしたシンプルなウェブページ、私は好きよ

ブログ部分だけではなく、ウェブサイト全体を WordPress にすることにしました。


ところでそれにしても、
WordPress はリッチで Gutenberg エディタの機能性はモリモリですが、
先日から久しぶりに戻ってきたライブドアブログの書きやすさってば!
これって、単に「三つ子の魂」なんとやらなだけでしょうかね。

でも、ほかのブログサービスもいくつも利用してきましたけれども、
ライブドアブログの UI は、書きやすさが飛び抜けている気がします。

最大の難点はといえば、完成したブログの見た目が未だに MovableType の名残だってことです。
ライブドアブログで古参のブロガーだと、デザインを更新しないままズルズル来ていると実にモサッとしたまんまですよね
ライブドアブログに限ったことではなくて、当時からあるブログサービスの多くは MovableType 系か、影響を受けていますよね。

完成版の見た目は WordPress のほうが格好はいいですよね。重いけど。

この日記に「カスタムURL機能」を採用しました

この「くらくらノート」に、カスタムURL機能を設定しました。
「カスタムURL機能」というのは、いわゆるスラッグ (slug) の扱いです。


それぞれの記事のスラッグは、投稿年月が入るようにしましたが、
記事タイトルを入れると日本語で長たらしい URL になるので、記事 ID にしています。


スラッグに記事タイトルを採用すると、検索エンジンなどで URL をひと目で記事内容がわかるメリットがあります。

しかし問題点としては、
  • URL が長くなること
  • 日本語のようなマルチバイト文字だと URL エンコード(パーセントエンコード)が必要になってしまい、生の URL が意味不明になってしまうこと
があげられます。

ライブドアブログだけではなくむしろ、

WordPress ではスラッグを記事タイトルに合わせることが SEO にいいと言われ続けてきましたが、
  • スラッグが長すぎないように工夫する手間
  • 前述の URL エンコード問題を回避するには各投稿ごとに ASCII のスラッグを設定する手間
が必要になってしまい、そんなことをいちいち考えていたら更新する気力が尽きてしまう人が多いです。

Google の関係者は、
  • スラッグを ASCII にしなくとも検索スコアには問題ない
  • むしろ記事の言語と合わせたほうが訪問者に親切だ
と話しているようです。

しかしそれでも、
スラッグが長すぎないようにするためには
  • 記事タイトルを短くするか
  • スラッグを毎回考えるか
が必要です。

そのせいで更新する気が失せてきては本末転倒なので、
どうせ検索結果には記事の冒頭(か要約)が表示されるのだから、
スラッグに記事タイトル入れないという開き直りでもいいよね
と思い切ったほうがよいような気がします。

なにせ、これが本業で収益が上がる人ならば手間を惜しまないでいいと思うのですが、
当方どころか世間の多くのブロガーも、儲かりもしないけれどウェブサイトをやっています

私はかつて、ほとんど毎日更新する「常習者」だったこともありましたが、
やっぱり重要なのは、面倒くさい事務処理を減らしてパターン化して、内容に注力することです。

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ