くらくらノート - note.climatecrisis.jp

気候危機のウェブサイト くらくら - ClimateCrisis.JP の制作日記

ブログサービス

「にほんブログ村」のブログリーダー実装とフォロー機能


利用するにはもちろん「にほんブログ村」に登録する必要があるはずなので、ブログ執筆者用の(ブロガー用の)機能でしょう。

にほんブログ村はすでにブログをお持ちの方が集まり登録するサービスです。
( にほんブログ村サポート ブログを持っていないので始めたいのですが? )

同時に、フォローのしくみが変更されています。プライバシー漏れ注意です。

いままでは複数のブログを登録しても(アカウント統合をしても)、同じメールアドレス&パスワードでログイン可能になる便利機能なだけでした。フォローは各ブログで別々に行っていました。

ところが、フォロー相手の情報も統合されるようになってしまいました。いわば「名寄せ」がされてしまいました。
そのため、「私のこのブログで、あのブログをフォローしたい!」ということが不可能になり、
フォロー相手には、アカウント統合されたかたちでフォロワーとして表示されてしまうはずです。

これを防ぐなら、新規で利用するならブログごとにアカウントを別々にしたほうがよいと考えられます。
既に登録済でアカウント統合済の場合が最悪で、アカウントの分割機能はないので、「身バレ」しています。
なにこれ、やめて、それいらない……

前述のとおり、ブログリーダー機能だけを目的に「にほんブログ村」に登録することは不可能なはずですから、
既存の自分のブログが「身バレ」しないように利用するには、ダミーのブログをmuragonででもいいからつくることになるかと思われます。

反対に、「私のブログをすべて宣伝したい」という目的だとよいのですが、特定のブログだけ宣伝したいのであればアカウント統合はしない必要があると思われます。

本体サイトを WordPress に移行しました

本体サイト 「くらくら – ClimateCrisis.JP」 を、WordPress に移行して公開しました。
ついさっきまでは、HTMLファイルのいわゆる「ぺらいち」(ペラペラ一枚)の状態で仮公開していました。(それはそれで、HTMLを手書きしたシンプルなウェブページ、私は好きよ

ブログ部分だけではなく、ウェブサイト全体を WordPress にすることにしました。


ところでそれにしても、
WordPress はリッチで Gutenberg エディタの機能性はモリモリですが、
先日から久しぶりに戻ってきたライブドアブログの書きやすさってば!
これって、単に「三つ子の魂」なんとやらなだけでしょうかね。

でも、ほかのブログサービスもいくつも利用してきましたけれども、
ライブドアブログの UI は、書きやすさが飛び抜けている気がします。

最大の難点はといえば、完成したブログの見た目が未だに MovableType の名残だってことです。
ライブドアブログで古参のブロガーだと、デザインを更新しないままズルズル来ていると実にモサッとしたまんまですよね
ライブドアブログに限ったことではなくて、当時からあるブログサービスの多くは MovableType 系か、影響を受けていますよね。

完成版の見た目は WordPress のほうが格好はいいですよね。重いけど。

なぜライブドアブログで書き始めたか

この日記は、気候危機のウェブサイト「くらくら - ClimateCrisis.JP」の制作日記です。
気候危機に関してはヨーロッパなどでは高い問題意識が普通ですが、
「くらくら」は、日本向けの、日本語の、日本製のウェブサイトです。(英語を読む人にはわざわざ「車輪を再発明」する必要はありませんが、それは日本向けではない「クルマ」でしょう。)

ウェブサイト本体のブログは準備中で、すでにWordPressを入れてあるのですが、いつ公開するか迷っています。主に当人の気力の問題です
ウェブサイト開設や運営に関する技術的なことは本体ブログには書かないつもり(たぶん、書かないほうがいい)なので、この日記を先に開設しました。

ウェブサイトを広めたいのであれば、アクセス誘引は最重要課題です。
だから、SEO(検索エンジンに合わせた最適化)だのなんだのとうるさく言われるようになってもう久しいですが、
いくらSEOをやろうが、アクセス数や被リンク数が多くないところから検索エンジンのスコアを上げるのは大変で、反対に検索エンジンの順位が上がればクリックされやすく事件がなければ陥落しにくいという、格差社会です

つまりは、外部のアクセス数の多いサイトに出先を置いておくと、アクセスされる機会が増えます。
そういうこともあって、本体サイトに別ブログを設営するのではなくて、外部のブログサービスを利用することにしたわけです。

どのブログサービスがよいのか?

アクセス数でみると
  • Blogger
  • FC2ブログ
  • アメーバブログ
  • ライブドアブログ
  • はてなブログ
  • Tumblr
などが有力です。


うちには独自ドメインが既にあるので適用する予定なので、独自ドメイン可のブログサービスである必要があります。
独自ドメイン可なのは、
  • Blogger
  • Tumblr
  • ライブドアブログ
  • Seesaaブログ
  • はてなブログ PRO(有料)
  • WordPress.com (有料)
  • gooブログ アドバンス(有料)
  • ウェブリブログ(有料)
  • ココログ(有料)
  • 忍者ブログ(有料)
  • JUGEM
  • ヤプログ(有料)
などが挙げられます。

無料で、かつ、TLS (SSL)証明書をデプロイしてくれるBloggerとTumblrは破格だと思います。
しかし、BloggerやTumblrは日本語向けではなくグローバルなので、アクセス数が多くて当然で日本語ブログは多くはないですから除外します。

FC2はアダルト可(というか主力)のウェブサイトなので、アクセス数が多くて当然です。うちは閲覧層が異なりますので除外します。

アメブロだと、独自ドメインを直接にはホスト不可能で、リダイレクトかなにかしないといけなくなります。

はてなブログ PROは、年払いでも料金が高すぎます。レンタルサーバ並かそれ以上のコストです。

アクセス数が多くて、経営母体がいまもブログサービスにやる気があるのは、アメブロ、ライブドアブログ、シーサーブログ、muragonあたりかと思います。
ビッグローブはKDDIで、ニフティに至ってはノジマです。ブログサービスを続けてきた多くの企業にとって、ブログサービスはむしろお荷物となっています。

総合すると、いまだTLS化していないとはいえ、ライブドアブログがマシという結論です。


ちなみに、ライブドアブログで独自ドメイン運用は、CNAMEだけではなくAレコードも可なので、Zone Apexも使えるというメリットがあります。
うちはZoneApexは本体サイトに使っているので、この日記はCNAMEでもよいわけですが、参考まで。


結局、「ライブドア」はネイバー(ハンゲーム)に切り売りされてLINEになってしまったわけですが、
ホリエモン時代のブログ資産は大きいようですね。
まあ、ゴタゴタの騒動のなかで、ライブドアを辞めてシーサーを始めた人たちが出たわけですが、ブログビジネスだけでやっていくというのは難しいものです。
サイバーエージェントもインターネット広告代理店だからブログサービスでマネタイズしているわけですし。(だから、カスタマイズもアフィリエイト制限も厳しいですし、独自ドメインも不可なのでしょう。)

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ